当会立ち上げまでの経緯

私が復興に携わりたいと思ったキッカケは1才の時です。
昭和53年の宮城県沖地震にて、タンスの下敷きになりながらも無事に助かる事が出来ました。
東日本大震災でも、無事に助かる事が出来た為に、訪問看護師として仮設住宅にお伺いして被災者の方々の支援を行いました。
さらに 復興のために携わる事によって被災者のみなさまのお力になりたいと強く思っております。

復興にあたりましては、身体が資本です。 
健康でなければいけない、そして元気でいる事が出来ないと本当の復興にはなりません。
そして、大切なのは子供達です。
これからの時代を作り支えていく子供達には元気でいて欲しいのです。
しかし、宮城県の子供の学力が全国で最下位となっているのが現状です。
心の健康・身体の健康・勉学のためには、安全・安心な食生活と自然が大切と考えています。
本当に身体に良い物を食べて、栄養素をしっかり摂取して、自然とのふれあいによって元気な身体と心と教養を養って頂きたいと心から願っているところです。
その為には、食の安全や食育について親がまずは学んで、日常的に安全な食生活をご家族に提供して頂きたいと思います。 

私自身は、 現在は、日常的な食生活に自然食を取り入れ、畑で野菜づくりを経験し、年間40~50種類の野菜を栽培しております。
そしてさらに復興に携わりたいと強く思い、東北大学大学院農業研究科にて行っている東北復興農学センターという講義を受けて復興マイスター(CAR)という資格の認定を受けました。
復興農学マイスターは、農業をはじめとする農林水産業を生かした復興を目的としているものです。
林業・水産業に関しては私には力が及びませんが、農業を生かした復興のお手伝い・農家様の復興のお手伝いをしようと考えています。
この様な経緯にて、食育・健康・復興のコラボでのイベントをする事にしました。 


 <ご予約・お問合せ>
みやぎ化学物質過敏症・アレルギーの会
ぴゅあぃ
電話 022-702-7969
メール skfsendai@gmail.com

※ご予約を頂いても、ご連絡を取れない方がいらっしゃいます。
 セキュリティを頑丈にされている方は、受信許可をするなどをして頂いて、必ず受信出来る状態にてご連絡をお願いいたします。
 また、当団体からの返信がない場合は、送信が出来ない状況の方ですので、お電話にてお問合せください。